スポンサーリンク

5つの理由!なぜアメリカのAmazonプライムに入るべきか

アメリカ生活
この記事は約3分で読めます。

アメリカのAmazonプライムは超便利

無料で何度でも2日間で配達してくれる

日本ほど配達時期が正確でなく、商品が遅れたり、紛失したり
することが多いアメリカで、2日間で配達してくれるのはかなり優秀です。

遅れるときは連絡してくれ、トラッキングもできる

万が一配達が遅れるときは、メールでの連絡があり、
簡単にトラッキングができます。何気に便利!

破損していた、商品が気に入らない場合は簡単に返金

郵送の際の商品の破損から、思っていた商品とは違った、
なんか気に入らない場合などはでも簡単に返品ができます

AmazonのHPから返品のボタンを押し、バーコードをプリントアウトし、
箱に張り付け、近くのFedex代理店もしくは家までピックアップもしてもらえます。

プライム会員限定の商品割引割引商品や早期アクセス特権も

プライム会員限定の割引商品もありますし、
毎日開催しているセール商品をプライム会員だと
30分早く購入できるサービスがあります。

商品が割安になるブラックフライデーやAmazonプライムデーも
30分早くアクセスでき、狙った商品を確保することができます。

30日の無料体験で試せる

無料でとりあえず試してみて、気に入ったら加入すればいいし、
いらないと思うのであれば解約すればいいだけです。
解約も簡単なので加入しない理由がないですよね。

年会費119ドルは高いのか?

1年間の年会費を払えば、2日間での郵送サービスは
何度でも使うことができます
。ここが大きい!

このブログを機に、2020年に何回プライムで郵送してもらったかを
確認してびっくりしました!

まだ2020年も4分の1残っていますが、105回もプライムでの
郵送サービスを利用していました。

プライムなしでの郵送サービスだと幾らかかるのかはわかりませんが、
仮に同じ2日での郵送となると結構な郵送費がかかると思います。

何度2日間の郵送サービスを使っても定額なので、
私はトイレットペーパーから文房具、飲料水、日本米に至るまで
アマゾンで購入できるありとあらゆるものを(重いもの、かさばる)
Amazonプライムで購入しています。

アマゾン帝国の思うがままにアマゾン無しでは生きていけない
体にされてしまいましたが、便利なんだから利用しない手はないですよね!

そのほかいろいろなサービスがあります

そのほかにもいろいろなサービスがありますが、
正直私は利用していません。

ヘアサロンを経営しているので、サロンで流す音楽に
コマーシャルなしで音楽が聴き放題のプライムミュージック
を使っている位です。

それでも年会費$119ドルで2日郵送サービスは安いし、何よりも便利です。


相当の数のアマゾン商品を買ってきているので、
今後機会がありましたら、便利、これは良かったと思うお勧め商品を
紹介していけたらと思っているので、楽しみにしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました