サイトと自己紹介

この記事は約4分で読めます。

ふかぼりニューヨークを訪ねていただきありがとうございます!

このサイトの管理者であるTatsuyaと申します。

私の自己紹介 長文です、、

私の人生のモテキは小学校4年生

小学校時代って、スポーツができる子がモテてますよね?
お調子者でたまたま足が速かった私は人生で最初で最後のモテキを小4,5年生の時に迎えました。

中学に入り、学業成績成績は中の下、一気に私のモテキは去っていきました、、
中学校の思い出は、部活のテニスを頑張った、ゲーム大好き。ドラクエ大好き。

特に才能があるわけでもないのに、

今でいう、典型的なサブカル系中2病でした、、
自分に特に飛びぬけた才能があるわけでもないのに、俺は特別なんだ!
と思っているというか、思いたい、、
今考えるとちょっと痛い、、

とりあえず就職はしたくない、、

何とか高校を卒業し、大学にいく学力もなく、また明確な将来目標もなく、単に就職したくなかった私は、
親に甘え、カナダのバンクーバーに1年間、留語学学校に通い日本人とばかりつるんでいました。
楽しかったなーー!

1浪しても大学受験失敗

カナダから帰国し、やっぱり働きたくない私は大学に行く!と浪人生活
1年間受験勉強、結構いろいろな大学受験しましたが、しかし全敗、、

1年間カナダに住んでいたのだから、英語は相当いけるだろう。
ということで、英語中心で受けられる大学に片っ端から受験するも全敗、、

カナダで日本人と遊んでばかり、受験勉強も中途半端、
ダメダメ人生突き進んでますね。

25歳までフリーター

20歳から25歳まではフリーターでした。

その当時ビリヤードにはまっていた私は、昼は派遣で働いたり、レストランでウエイターして、
夜はビリヤード場で常連さんと夜中まで賭けビリヤード。

26歳で人生最大の転機!

25歳を過ぎてさすがに焦りが生まれた私、
親も相当私の心配をしていたと思います。

ふと親が、「将来何やりたいのか決まってないの?」との質問に私が答えられずにいると、
「私たちは理容店を出すことが夢だった、もし将来やりたいことがないのなら理容師いいんじゃない?」
とのアドバイスを受けました。

灯油のルート販売を主にして無事定年退職した両親ですが、
実は理容師免許は持っていて、床屋さんをオープンするために
資金をためようと始めた灯油のルート販売ビジネスが調子よく、
結局そのまま続けたとのことでした。

今まで全く考えもしなかった仕事ですが、不思議と楽しそうかも?と思いました。
ただし男性でも床屋さんから美容院に行く人が増えていた時代だったので、
理容師ではなく美容師になることに決めました。

以前から無意識にウエイター等の接客系アルバイトをしていたので、
美容師などの仕事は自分は気が付いていないだけで会っていたのかもしれません。

26歳からの美容人生、周りはみんな18歳

日本美容専門学校夜間部に何とか合格し26歳で入学。
夜間部だからある程度年齢はバラバラと思っていましたが、
生徒40人くらいいて20歳1人、残り全員18歳。

みんなからは「兄さん」と呼ばれ、26歳の美容師人生が始まりました。
26歳からのスタートに焦っていた私は、昼間は美容院で働き、夜は学校に行くことで
少しでも早くスタイリストとしてデビューしなければと思っていました。

昼間働かさせてもらっていた美容院のトップスタイリストが28歳、バリバリのスタイリストが私と同じ年代、
一方私はシャンプーさえもろくにできない超素人。今考えると良く採用して働かさせてくれたと思います。

この2年間は自分でも思いますが、結構頑張ったと思います。
人生にはがむしゃらに頑張らないといけない時がある!今がその時だから頑張れ!と兄に言われましたが、
思いかえってみると本当にその時期が頑張る時期だったんですね。

内定をもらっていた美容院が突然閉店

卒業した次の日にはニューヨーク

初めてのお客様は美人アメリカ人

アメリカの美容に感銘を受ける

2012年に独立

現在にいたる


2012年T-Gardens NY Hair salonを設立、オーナースタイリストとして現在に至る。
https://t-gardens.com/

アメリカ在住の日本人の方、アメリカにそしてニューヨークに興味のあるすべての方に
アメリカニューヨークに20年住んでいる筆者が実際に使っている商品、サービスなどの紹介をさせて頂いています。

コンセプト

アメリカそしてニューヨークのことをもっと知ってもらいたい!
長期滞在される方も、短期で観光にいらっしゃる方にも、日本在住の方にも、
アメリカの文化、お勧めの商品などをお届けしたい!

お問い合わせフォーム

お問い合わせ、質問等、お気軽に連絡ください。
fukaboriny@gmail.com

タイトルとURLをコピーしました